2018年08月06日

南相馬 小高訪問

2018年3月22日(木)〜23日(金)

避難解除となった小高に3回目の訪問。仮設訪問から通算すると11回となりました。今回は小高の方々と一緒にお茶会と祭りずしを一緒に作って食べる会を企画をしました。


1日目

仙台経由の常磐線で、常磐線いわきからレンタカーで、東京からクルマに荷物をいっぱい積んで常磐道で、それぞれの経路で昼12時、小高駅集合。
今回は、祭りずしの指導をしてくださる4人の方の参加を得て、総勢12名での訪問です。

まずは小高の土地の食べものを食すこと。
今晩の宿をお願いした駅前の双葉屋旅館さんへ荷物を預け、駅から5分、避難解除を待たずにお店を再開した浦島寿司さんへ。宮城県塩釜市から仕入れる新鮮な魚をご主人と息子さんが握っています。


とてもおいしいお寿司にみんな満足。
DSC_4438_R.JPG

食後は明日の会場になる「保健センター」へ会場の下見や準備に行くグループと、お茶会会場の「ぷらっとほーむ」へ行くグループに分かれて活動開始。

2時からは地元の人と一緒に作って食べて交流するという
「桜餅を作りながら楽しいお茶タイムを一緒にどうぞ」の企画です。

仮設の仲間や復興住宅の方々へのお誘いや、現地での連絡は昨年同様、復興住宅に住んでいるご夫婦にお願いしました。
ぷらっとほーむにはお誘いのチラシを置いてもらいました。

ぷらっとほーむの入り口にお誘いの掲示をしました。
DSC_4451_R.JPG

さて、何人の方が来てくれるかドキドキの企画でした。

白玉粉・小麦粉・砂糖・紅麹・水をよく混ぜて、桜餅の皮の種を作ってねかせておきました。
あんこを丸めておきます。
桜の葉の塩漬けは塩出しをしておきました。
準備オーケー!

参加者は自分で食べる分を焼きます。種を薄く、楕円形にのばし、両面を焼きます。
IMG_3784_R.JPG

丸めたあんこを挟んで、塩漬けの桜の葉で巻きます。

出来上がりました。
DSC_4453_R.JPG

桜餅づくりにはまったそうです。後半は殆んど一人で焼いてくれました。甘いもの好きの旦那さんも呼んできて一緒に楽しみました。
DSC_4456_R.JPG

仮設の頃からの方々と再会、話に花が咲きました。
DSC_4443_R.JPG

一人一言で近況報告。
IMG_3819_R.JPG

ぷらっとほーむの主催者からは現在の小高のこと、帰還率20%だそうです。
IMG_3800_R.JPG

2月にできたばかりのレシピ集「懐食(なつしょく)・心のふるさと復興プロジェクト」をもってきてくださいました
IMG_3805_R.JPG
「ぷらっとほーむ」に置かせてもらった桜餅のお誘いのチラシを見て連絡をくださいました。今後、繋がりができればよいですね。

表紙IMG_4193_R.JPG

IMG_4190_R.JPG

裏表紙 想いがあふれています。
IMG_4199_R.JPG



宿で夕食前に学習会。浜通り農民連副会長さんに「被災から7年の小高の現状」の話をしていただきました。
DSC_4486_R.JPG


一日目無事終了。ご苦労様。カンパーイ。
DSC_4492_R.JPG


二日目(3月23日)


朝食後に宿の女将さんから震災の時の写真を見ながら、様子を伺いました。旅館の中まで津波で水が入ってきたそうです。
誰もいなくなった駅前のロータリーに花を植え続けていた女将さん。ここで住む事を決断し、旅館の改修に踏み切ったそうです。
DSC_4493_R.JPG

今日は千葉県の伝統料理「千葉太巻き祭りずし」の講習会です。

朝早くから復興住宅の集会室で準備開始。卵巻き用の厚焼き玉子40枚。薄焼き卵70枚を焼きました。
DSC_4499_R.JPG


2升炊きの炊飯器をレンタル。米14kgを炊きました。
DSC_4502_R.JPG


「バラの花」と「椿の花」を巻きました。指導は4人の方です。


デモンストレーションを見て
DSC_4550_R.JPG

グループごとに指導者がついて実習開始。真剣、でも楽しそう。
DSC_4610_R.JPG
DSC_4614_R.JPGIMG_3882_R.JPG

IMG_3883_R.JPG


皆さん素敵に巻き上がりました。
DSC_4618_R.JPG
IMG_3896_R.JPG

IMG_3908_R.JPG



伝統食のメンバーはサイド料理作りです。

沖縄もずくを使った「もずくの天ぷら」キャベツ・にんじん・もずくです。
IMG_3844_R.JPG

東京特産「あしたば」と、干ししいたけたっぷりの「椎茸汁」
IMG_3889_R.JPG
DSC_4651_R.JPG

以前、仮設住宅の訪問で教えていただいた地元の「焼き餅」です。
IMG_3849_R.JPG

千葉県の郷土料理『性学もち」のお団子です。うるち米を2度蒸して搗いた餅です。
IMG_3913_R.JPG

小高の方が作ってくれた
白菜の菜花の辛し和えと彩り野菜の五目漬け
DSC_4632_R.JPG
試食用のお寿司です。講師の方が巻いてくれました。

パンダ
DSC_4653_R.JPG

アゲハ蝶
DSC_4661_R.JPG

満開のさくら
DSC_4662_R.JPG

四海巻き
DSC_4654_R.JPG

栃木の絵手紙の会の方が今回も参加です。絵葉書づくりを楽しみました。
DSC_4631_R.JPG

おしゃべりも弾みました。DSC_4663_R.JPG


参加者の一言
DSC_4652_R.JPG
IMG_3925_R.JPG


参加者からは次回に作る料理の提案があり、次につながる企画でした。
復興住宅の居住者の方へ、お土産として太巻きずし用の大・中・小の巻き簾と卵焼き器、すし粉、「太巻き祭りずしの本」をプレゼントしました。

後日、復興住宅で仲間と太巻き祭りずし「椿」と「バラ」を挑戦し、成功したと連絡がありました。みなさんで集まって、楽しんで活用してくださっているようでうれしいです。
posted by dentousyoku 2018/08/06 | 東京連絡会>お知らせ