2014年10月10日

伝統食列車第23号

 train.jpg 
 

伝統食列車第23号 日程表
  

         2014年10月23日(木)〜10月26日(日)

<第1日目 10月23日(木)> 
現地集合  午後14時15分 新幹線二戸駅 改札 
   全員合流します。
 大阪からの団体  集合:午前7時50分 
   (新幹線新大阪駅 千なりひょうたん前)
    「伝統食列車」の旗のところ
     (のぞみ216号)
  新大阪━━━━━━━━━━東京  
  8:20           10:53
  ※東京駅で弁当「江戸エコ行楽重」積み込む
      (はやぶさ17号)
     東京━━━━━二戸
    11:20    14:01
         バス 
     二戸━━━━━軽米町「県北農業研究所」着
    14:20      15:00

 講演 
テーマ「雑穀の変遷と今後の見通しについて」
   
  講師 川原木賢一氏(五穀部会会長・県北研究所職員)

             バス
 「県北農業研究所」出発━━━━到着 「ミル・みるハウス」―――             
         16:15  16:30 (買い物など) 
 出発━━━━「農村環境改善センター」到着━━━━
 17:00          17:30
軽米ソーラン 郷土食交流会      
  17:30〜20:00
 郷土料理の作り手 
    農協女性部・食の匠・食生活改善・生活研究会・
    大清水営農組合・
    護穀生産部会・軽米町商工会女性部のみなさん

━━ 20:45到着・宿泊(1日目は分宿になります)
    「ミレットパークコテージ」
      岩手県九戸郡軽米町大字山内33-53-1  
        TEL0195-47-1452     
    「ニュー軽米 カントリークラブ」
      岩手県九戸郡軽米町大字円子2-4-1  
        TEL0195-45-3331   
       
<第2日目 10月24日(金>

07:00 朝食          

07:50 宿舎 出発(バス)

08:20 軽米町円子地区 えごま油の搾油所見学
       搾油所代表 大村税(みつぎ)氏のお話

09:00 搾油所出発

10:00 途中、野田村のかまどのつきやの「杵つき餅」工房で「伝統食弁当」を積み込む。   

12:00  山田町中央コミュニティーセンター到着、1階和室でお弁当を頂きます。

13:30〜15:00 2階ホールにて  
 復興・憲法・平和「きたがわてつコンサート」   
   仮設住宅にお住まいの方々もご招待 

15:30〜17:00   
 講演 テーマ「福島原発事故の現況と食生活の問題」
    講師 高塚龍之氏( 岩手大学名誉教授 )
            バス
17:15 山田町出発━━━━郷土食交流会会場
                  「魚河岸(うおがし)」 到着      
18:00〜20:00  
 郷土食交流会 
 (作り手 三陸味処「三五十(みごと)」代表大杉繁雄さん
      貫(かん)洞(どう)魚店・藤原魚店と食生活改善協議会の皆さん
  ホテル「ビジネスインやまだ」宿泊
    岩手県下閉伊郡山田町船越第6地割148-1
       TEL 0193-84-3006  
       FAX 0193-84-3021
20:45 夜の交流会 現地の皆さんと交流します

<第3日目 10月25日(土)>

07:00 朝食

09:00〜10:00     
 講演 テーマ「三陸の漁業の復興について」
      講師 佐藤照彦氏(岩手県漁業組合相談役)

10:30 山田町をバスで出発 
  途中釜石市鵜住居(うのすまい)地区を
  「釜石に桜を植える会会長」中川淳さんに案内して頂きます。

12:30 釜石到着
        「三陸鉄道・南リアス線」今年4月開通

13:00 釜石 出発━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        車中で「郷土食弁当」を頂きます
        作り手「釜石大槌郷土料理研究会」の皆さん

14052801.jpg
三陸鉄道南リアス線車窓から

 バスで津波の被害の大きかった陸前高田市街を走ります
━━━━━━14:00 盛(さかり)駅到着

14:10盛(さかり)駅出発 ━━━━━
17:00大東・農家レストラン「てご舎」到着
17:45〜19:15
 郷土食交流会  
  会場は「てご舎」横の石川弘行さん宅
        (「工房地あぶら」の工場長) 
  作り手「岩手県農民連女性部」の皆さん

14063001.jpg
「てご舎」の晴れ食「ちらしずし」
 

19:15〜19:45
 講演 テーマ「農と会話をする」
    講師 伊東庚子氏(当会機関紙189号1面掲載)

20:00 出発━━━━
20:30 室根高原「大東ふるさと分校」到着
       室根高原牧場を見渡せる絶景の宿泊地です
21:00  夜の交流会

<第4日目 10月26日(日)>

07:00  朝食
08:30〜9:30
 講演 テーマ「釜石の復興と防潮堤について」
    講師 中川 淳氏「釜石に桜を植える会会長」

                    バス
09:40「大東ふるさと分校」出発━━━━
11:00一関市田村町「世喜の一」到着
 現在石倉クラストン(元精米倉)の名で呼ばれている、大正7年建築の建物で、餅文化の歴史についてのお話を聞いた後、儀礼に従って「餅本膳」を頂きます。酒蔵で地ビールも造られています。

                 バス
14:20「世喜の一」出発━━━━━ 一関駅14:40到着   

(はやて370号)
 一関駅 出発━━━━東京
 15:24        17:32着 (のぞみ119号) 
              17:50発 ━━━━新大阪
                           20:23着


≪第23号伝統食列車 参加要綱≫

<日時> 2014年10月23日(木)〜10月26日(日)
<行き先> 岩手県・軽米町〜山田町〜釜石市鵜住居町〜
       一関市大東町・田村町
<集合時間及び場所>
 現地(二戸駅)
      10月23日(木) 集合:午後2時15分  
      東北新幹線二戸駅改札口   
 新大阪からの団体
      10月23日(木) 集合:午前7時50分 
      JR新幹線新大阪駅  「千なりひょうたん」前  
         「伝統食列車」の旗のところ
         午前8時20分発 「のぞみ216号」にて東京へ
<解散時間及び場所>
 現地解散
      10月26日(日)午後2時40分 一関駅
 新大阪への団体
 10月26日(日)一関15時24分発━━新大阪20時23分着
<参加費> 
 現地(二戸駅)から参加  68.500円
      (但し23日の伝統食弁当注文の方は1700円プラスします)
 新大阪から参加 115.000円
  部分参加も可能です。希望される方はご連絡ください。

参加申し込み先 
 ブログアドレスへお名前、住所、電話番号、ファックス番号をお知らせください。資料(申込書つき)を、お送りします。
* 必ず別紙の申し込み書(資料の中に入っています)をFAXまたは郵送でお送りください
 申し込み締め切り日  10月13日(月)
* 東京から乗車される方で、23日の昼食(江戸エコ行楽重)を注文される方は、参加申し込みの際に注文の有無をお伝えください。
参加費は10月18日(土)までにお振り込みください。
* キャンセルの際は規定の料金を戴きます。

持ち物
  郷土食交流会で使うマイ箸・マイ皿・マイお椀を持参してください。
 (現地の方の片づけ軽減のため、ご協力をお願い致します。)
  寝間着、洗面具

共催 伝統食列車第23号現地実行委員会
   日本の伝統食を考える会
協賛 国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会


参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg



posted by dentousyoku 2014/10/10 | 伝統食列車>第23号ー岩手県軽米・三陸・一関