2015年02月05日

新しい畑で

 昨秋、あき農地を借りようとしている知人に仲間入りさせてもらい、新たな場所で畑をはじめた。そのときは別の場所で借りていたが、その畑は道路拡張でできなくなる方にやってもらうことにした。150204008.jpg
【手前は野菜類 左上はコンポスト 
白っぽいものの向こうに池、中央上で腐葉土作り中】

 ここでは商品野菜を作っている農家もあるが、地主の高齢化等で耕作放棄地化が進みつつあった所。今では退職組中心に家庭菜園が増え、放棄地は少なくなっている。
 土は粘土質で固く、少し礫がはいっていた。知人の協力を得て、鍬、耕運機、鍬と数回耕した。その上で、ネギやダイコンなどの冬野菜を植え付け、ソラマメやサヤエンドウの種をまいた。化学肥料、農薬は極力さけるつもり。
 
 一帯の土地は台地状で、潅水用の水を用意する必要があり畑の一角にため池を作ることにした。2m四方、深さ50cmほどの池を掘った。最後に耐水シートを敷く。結構な重労働で、まさに「ただいま奮闘中!」であった。秋からの雨で、水は五分がた貯まっている。夏場はこの広さでも水は足りないのではと知人は言う。その時は、家からポリタンクやペットボトルで運ぶしかない。
150204010.jpg
【雨水をためる池】

 また、土質が粘土質なので、改良のために落ち葉で腐葉土を大量に作ろうと準備している。あぜ板4枚で直径1.5m、高さ60cmほどの円筒を作り、集めたケヤキやコナラなどの落ち葉を詰め込む。米ぬかを加えて水をかけシートをかけて放置する。十分発酵が進んだら、どんどん畑に入れるつもりである。150204003.jpg
【腐葉土作り ベージュ色のものは米ぬか】
 

 今は畑に行くたびに、ダイコン、ブロッコリー、ハクサイ、キャベツ、ナバナ、ネギ、ミズナなど、アブラナ科を中心に収穫がある。池を掘り、腐葉土作りをしていると愛着が増してきた。畑に行くのが楽しみである。
150204006.jpg 150204004.jpg
    【田辺大根】          【ブロッコリー】

150204007.jpg 
       【菜ばな】 
150204005.jpg 150204009.jpg
    【キャベツ、ハクサイ】        【ソラマメ】 
 

(画像は2月4日のもの)

麻 生  一 衛

posted by dentousyoku 2015/02/05 | コラム>ただいま奮闘中