2020年02月02日

これからの行事

goannnai_1.jpg

カットウグイス.jpg


連続講座「発酵と腐敗について」 

第一回 「生きているってどんなこと?」
 講師:道之前允直氏(甲南大学理工学部 名誉教授)

 和食が2013年に「ユネスコ無形文化遺産」に登録され「おもてなし」が流行語になり、和食ブームの到来か、と思われましたが、ここ数年の健康・ダイエット志向熱で、カロリーオフが叫ばれています。一方で糖質の塊のような米麹を使った塩麴、甘酒が健康・美容に良いなど発酵食品に関心が集まっています。
溢れる情報の中で何を食べればいいのか?長年食べ続けられてきた伝統食には切っても切れない発酵食品ですが、発酵については、案外知らない、誤った知識がまかり通っているのも事実です。
そこで今回、発酵について基礎から学ぶ講習会を企画しました。発酵の素晴らしさ、不思議を知って、発酵食品と向き合いましょう。
 第一回は、生物学の観点からまず、酵素とはどういうものなのか、生きるためには何故食べなければならないのか、を話していただきます。次回以降は「発酵(人間にとって役立つもの)と腐敗(人間にとって失敗だった時に出来るもの)」「様々な発酵食品」など具体的にお話をしていただく予定です。
 わからないことは、話の途中でも聞いて下さいとのことです。難しく考えないで、ご一緒に学びましょう。ご参加お待ちしております。
日時: 3月4日(水) PM13時30分〜16時30分
場所: 大阪市立総合生涯学習センター(駅前第2ビル)
       5階 第8研修室
参加費:500円   
定員: 27名
_________________________


連続講座・平賀緑さんの連続講座を聞く会主催 
        日本の伝統食を考える会共催


◆第2回 「砂糖や豚からまなぶ世界経済の歴史」

 お金の世界に巻き込まれた食と農から、私たちが生きる経済社会のカラクリが見える。砂糖と産業革命から、大量消費時代の「デブの帝国」、その中で築かれた日本の食料システム、そしてグローバル化時代の中国の豚について。難しいと毛嫌いされる「ケイザイ」の歴史を食べものから解き明かす、学生たちにも好評の授業を披露します。      
日時:2/8日(土) 午後1時30分〜4時    
場所:大阪市立総合生涯学習センター第7研修室  
    電話1(プッシュホン)06-6345-5000  (大阪駅前第2ビル5F)   
    参加費・500円

◆第3回 「お金の世界はどこへ向かうのか?」
   
 食料や農地が金融商品としてマネーゲームに翻弄されること。年金がもらえなくなること。損するとわかっていても水道を民営化すること。一見バラバラな現象ですがその根っこは同じ「横取りによる資本蓄積」かもしれない。ますます強まる経済の「金融化」と搾取の構造。 その中で生き延びるためには?
日時:/15(土) 午後1時30分〜4時
場所:クレオ大阪中央第2会議室     
   電話1(プッシュホン)06-6770-7200
   (地下鉄谷町線「四天王寺前夕日が丘」下車5分)
参加費・500円 

※1回目の講座を逃した方でも理解できる内容です。
「伝統食つうしん」4号4面に夏に開催した内容記事が記載されています。参照ください。


◆食農研主催・講演会

食農研 第35回総会と講演 
    
日時:2月5日(水)13:30〜16:00
   (総会13:30〜14:00、記念講演14:00〜16:00)
会場:大阪農民会館・別館2階会議室
   (JR環状線「大阪城公園」下車、東北約200m)
テーマ「生き物からみる最近の大阪湾の環境と漁業」
講師:鍋島靖信氏
    大阪市立自然史博物館友の会会長・外来研究員
   (元大阪府立環境農林水産総合研究所主任研究員)
 大阪湾はかつて富栄養化が進んだ海でした。しかし、最近は冬季に貧栄養価による海苔の色落ち、低栄養化によるプランクトンの変化や貝毒プランクトンの発生、温暖化によるイカナゴ、マコガレイ、マアナゴなどの 不漁など、大阪湾の環境や漁業に大きな変化が見られます。
 大阪湾の生物の現況を通して最近の大阪湾についてお話していただきます。

◆食農府民会議主催・学習会

日時:3月14日(土)13:30〜  
会場:パルコープ3階会議室
    都島区東野田町1-5-26 
    最寄り駅JR環状線・京阪・地下鉄鶴見緑地線 
        いずれも京橋駅
テーマ:「水道の民営化 命の水が狙われています」
講師:武田かおり (NPO法人AMネット事務局長)
   植本眞司  (自治労連公益企業評議会顧問、
        大阪自治労連公益企業評議会福幹事長)
 海外の現状や大阪の水道管老朽化、浜松の民営化反対運動などについてお話いただきます。 
                                             
 参加ご希望の方はメールにて 行事名・住所・お名前・
電話番号を添えて下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg
posted by dentousyoku 2020/02/02 | 事務局から>行事のご案内