2020年09月19日

東京連絡会 2019年5月から7月までの活動

和菓子を作って、お土産に


2019年5月26日(日)

成蹊中学・高等学校調理室


和菓子を作って「お茶をしましょう」
そして、お土産パックを作って家でもお茶を楽しみましょう。という企画です。



和菓子の基本、こしあん作りです。
二人の会員が講師になりました。
小豆を煮てつぶし、でんぷんをこし袋で絞ったものが生あんです。
生あんを練り上げるとあんこが出来上がります。
DSC_6783 (2)_R.JPG


できたてのあんこを使って、6種類の和菓子作りに挑戦。



草餅
春に摘んだよもぎを冷凍しておきました。
茹でたよもぎをすり鉢で摺り、白玉粉と上新粉・よもぎを捏ね、蒸し餅を作り、あんを包む。
ヨモギの香りいっぱいのくさもちができました。
DSC_6895_R.JPG


かりんと饅頭
小麦粉・黒砂糖・ベーキングパウダーで生地を作り、あんを包む。
蒸して冷まし、油で揚げます。
外はカリッと黒砂糖味の饅頭です。
DSC_6841_R.JPG

蒸します。
DSC_6852 (2)_R.JPG


くず桜
本くず粉を使いました。砂糖・水を混ぜ、火にかけ、透明になるまで練り上げる。
カップにラップを敷き、練った葛を入れる。あん玉をおき、茶巾に絞る。
ラップを使ったので、手のひらが熱くて真っ赤になることもなく、作ることができました。

氷水で冷やします。DSC_6894_R.JPG


水無月
白いういろう の上面に甘く煮た 小豆 をのせ、三角形に切り分けたもの。京都では 夏越の祓 が行われる 6月30日 に、1年の残り半分の無病息災を祈念してこの菓子を食べる風習があるとのこと。
くず粉・薄力粉・白玉粉を混ぜ、蒸す。ぬれ甘納豆をのせ、再度蒸す。三角形に切ってできあがり。
DSC_6850_R.JPG


ミニどら焼き
みりんとはちみつを入れた生地を丸く焼き、あんこを挟みます。しっとりした生地に焼きあがりました。
DSC_6916_R.JPG


いちご大福
いちごをあんで包む。これを白玉粉・砂糖・水を混ぜ、電子レンジで加熱した餅で包む。いちごの他、季節のフルーツを入れて楽しめます。
DSC_6907_R.JPG


6種類の和菓子ができました。

DSC_6914_R.JPG
かりんとう饅頭が少し欠けています。理由は・・・!




今日の昼食は白飯と持ち寄った手作りのご飯のお供8種類、みそ汁と差し入れの餃子です。

左から
きゅうり古漬け 奈良漬 梅干し 山椒の実の佃煮 しょうがの佃煮
DSC_6921_R.JPG

はば海苔 柴漬け きゃらぶき
DSC_6922_R.JPG

好きなものをご飯に載せて・・・
DSC_6919_R.JPG

DSC_6929_R.JPG



お菓子づくしの会は初めてです。
 あんこ作りを身につけ、お彼岸におはぎを作って、ご近所におすそ分けができたらよいですね。売っているおはぎとは一味違うおはぎにきっと喜んでもらえると思います。作ったものを多くの方に食べてもらう楽しさを広げていけたらと思っています。

パックに詰めてお土産にしました。
DSC_6913_R.JPG











南相馬 小高訪問

2019年6月20日(土)〜21日(日)


「福島を忘れてはいけない」食を通しての交流です。
今回は仮設住宅での活動から通算12回目の訪問です。7名の参加で小高を訪れました。




小高駅集合。小高の美味しいのを食べることも目的のひとつ。地元のそば粉を使った十割そばが自慢の「こごた」で昼食です。今回は2度目の訪問です。
IMG_5401_R.JPG
おいしかった!



1日目の企画です。
「焼きたてのワッフルを作りながら楽しいお茶タイムを一緒にどうぞ」

14時〜15時30分 
会場は毎回お世話になっている住民交流スペース「おだかぷらっとふぉーむ」です。
DSC_7078_R.JPG


お誘いのお知らせ
DSC_7079_R.JPG


ぷらっとふぉーむでのお茶会も今年で4回目になります。仮設住宅にいた方々も来てくださいました。復興住宅の方、ご近所の方が集まりました。

集まった早々、ワッフル作りです。

生地を作る人・焼く人・生クリームを泡立てる人
DSC_7060_R.JPG
DSC_7069_R.JPG
DSC_7063_R.JPG

手際はさすがです。

手づくりのマーマレード・ブルーベリー・イチゴ・あんずジャムをもっていきました。
DSC_7074_R.JPG


好みのジャムと生クリームをのせて完成です
DSC_7076_R.JPG



家で待っている家族へのお土産をつくります。
DSC_7098_R.JPG

会員がお土産に巻いて持ってきました。トンボとひまわりの祭りずしです。
DSC_7100 (2)_R.JPG
DSC_7101_R.JPG

一年ぶりの再会です。元気な姿に会えました。おしゃべりをしながらおいしくいただきました。
DSC_7077_R.JPG


くじで順番に、祭りずしやワッフルのお土産をもらいました。
<DSC_7102 (2)_R.JPG



2日目
「小高の方と東京連絡会、それぞれが出し合ったレシピで一緒に料理をつくる会」

東京連絡会のメニュー
・春巻き
・こんにゃくのおから詰め
・おからシューマイ
・おから入りサーターアンダギー
・フルーツ盛り合わせ
・みそ汁
小高の方のメニュー
・はるの野菜の出し酢和え
・和風ポテトサラダ
・春キャベツと豚肉のゴマみそだれ

小高と東京、それぞれがレシピを出し合い、料理を教え合いました。
DSC_7136_R.JPGDSC_7128_R.JPGDSC_7127_R.JPGDSC_7124_R.JPGDSC_7121_R.JPG




















































今回も絵手紙の会の方が来てくださいました。
朝顔と令和の文字を入れたうちわの作成です。
DSC_7146_LI_R.jpg
調理の合間に製作です。
DSC_7171_R.JPG







できあがりました。
DSC_7174_R.JPG

DSC_7175_R.JPG

DSC_7176_R.JPG

DSC_7177_R.JPG

DSC_7178_R.JPG

DSC_7179_R.JPG

DSC_7180_R.JPG

DSC_7181_R.JPG

ご飯とみそ汁
DSC_7186_R.JPG

私たちの活動を知ってもらうために、会場の職員さんに差し入れました。
DSC_7187_R.JPG


一緒に作った料理を一緒に食べながら、会話も弾みました。現在の生活の様子も語られました。
DSC_7196_R.JPG

仮設住宅の自治会長さんも久しぶりに参加。
会長さんとの出会いから南相馬と東京連絡会の交流が始まりました。
DSC_7199_R.JPG

食後は一人一言。今の生活を話してくれました。原発に起因した地域の中での人間関係などが言葉の端から聞こえてきました。高齢者が多く、家から出ない方も多いようです。「さみしい」という言葉も聞こえました。

DSC_7202_LI (2)_R.jpg

DSC_7203_LI (3)_R.jpg

DSC_7209 (2)_R.JPG

DSC_7207_LI (3)_R.jpg
DSC_7210 (3)_R.JPG





DSC_7205_LI (4)_R.jpg

DSC_7204 (5)_LI_R.jpg







「私たちは福島を忘れてはならない」








この指とまれ
佐久の自然の中で佐久の食材を使った
普段の食事を一緒に楽しみませんか

2019年7月6日(土)〜7日(日)

DSC_7363_R.JPG

15名で会員の会員宅を訪問し、佐久の食を楽しみました。


到着して、初めにお茶と佐久の郷土料理「おなっとう」をいただきました。
DSC_7358_R.JPG


「佐久の自然の恵みをいただく。季節の味。周りの景色がごちそう。」をテーマに普段の食事を組み合わせて献立が立てられ、みんなで食事作りです。



釜土でご飯を炊きました。
DSC_7405_R.JPG



焼き魚のお皿にするほう葉
DSC_7404_R.JPG





夕食づくり開始です。
DSC_7400_R.JPG
DSC_7407_R.JPG



カセットコンロも大活躍です。
DSC_7429 (2)_R.JPG



イワナはストーブの上でこんがりと焼きました。
DSC_7440 (3)_R.JPG










みんなで作ったもの、前もって作っておいたもの、参加者の差し入れなど、テーブルいっぱいのごちそうが並びました。
DSCF7465_R.JPG






赤ジソしょうゆ漬けのおむすび
DSC_7445_R.JPG








イワナの塩焼き
DSC_7444_R.JPG








煮こじ
DSC_7452_R.JPG









山菜入りミニ春巻き
DSCF7435_R.JPG









山芋の海苔巻き上げ
DSCF7439_R.JPG








えのきステーキ
DSCF7440_R.JPG









信州サーモンの刺身
DSCF7452_R.JPG









塩イカとイワタケときゅうりの酢の物
DSCF7461_R.JPG












その他いろいろ
DSC_7422_R.JPG




DSC_7423_R.JPG




DSC_7424_R.JPG




DSC_7425_R.JPG




DSC_7426_R.JPG







DSC_7427_R.JPG




DSC_7428_R.JPG









































体に優しい野菜たっぷりの朝ごはんです
DSC_7488 (3)_R.JPG











DSC_7481_R.JPG
DSC_7484_R.JPG
DSC_7482_R.JPG
DSC_7483_R.JPG








































翌日は奥村土牛美術館を見学し、日本一の白樺林をみながら地元のレストランでゆっくりと食事。
緑あふれる佐久で、地元の食材を料理して食する豊かな時間を過ごすことができました。
十数名で押しかけて、快く受け入れてくださったご夫妻に感謝。
農産物直売所や軽井沢のスーパーで買い物をし、満足満足の2日間を過ごし、帰路につきました。


posted by dentousyoku 2020/09/19 | 東京連絡会>お知らせ