2012年04月08日

桜は咲きたい時に咲く

 寒い春、少し遅れたけれど今年も桜は花を開いた。「世間ではデフレ克服だとか経済成長だとか意味不明なお経を唱えて騒いでおるが、そんなことに付き合うのは真っ平だ」と言っているかどうか桜の気持ちは分からん。昔空爆で焼け野原と化した日本列島にリンゴの気持ちはよく分かるなどという歌が流行した。
 世界制覇を夢見た皇国の犠牲にされた人々は、軍歌以外の歌に心の安らぎを求めるほどに悲惨な体験をした、その深い反省のもとに再び武力の行使はしないと世界に宣言した日本政府が、不退転の決意で増税しなければならない財政難の時に、北朝鮮に付き合って迎撃ミサイルとやらに多額の国費を浪費するとは、理解に苦しむ。国会でくだらん議論をする暇があったら、桜でも眺めて国民の暮らしを守るとは何かをゆっくり考えてみたらいかが?


sakura-2.jpg

  葛城山麓の桜は7分開きていど、去年より1週間ほど遅れている。吉野山の桜も見ごろは今月中旬頃かもしれない。

             12,4,7(卓) 
posted by dentousyoku 2012/04/08 | コラム>ただいま奮闘中