2012年06月25日

ヘルスコープ大阪・田島診療所 地域のたまり場で食事会(第5回)

 自ら作って食べるという行為は人類に与えられた特権だが、地球の生存者には様々な食べ方がある。家畜や幼児のように、与えられる食物に自分の命を託さざるを得ない生物もいる。それはともかく、一緒に作ってみんなで食べて楽しむのは、人間社会の大切な行為のようだ。田島診療所から依頼されて今年2月から始めた大阪生野区の本通り商店街の食事会は今日で5回目。回を追うごとに、新しい参加者が増えた。(2012年6月25日)

 skb-1.jpg

 担当した当会役員が工夫した今回の献立は、塩鮭としいたけの煮物を使ったバラ寿司。大葉を刻んで散らした味のバランスは絶妙であった。

 ns-1.jpg

 今からが旬の野菜、なすを茹でて摺りごまと白味噌のたれで和えた料理。

 bo-1.jpg

 自作の料理を持参する人など、回を重ねる毎に参加者の積極性も表われてきた。
 やはり自分たちの社会はみんなで共同して作るのが一番。
 作らずに食べようなどとはゆめゆめ思うなかれ。
            
           12,6,25 取材(卓)
 
posted by dentousyoku 2012/06/25 | コラム>ただいま奮闘中