2012年12月27日

第21号伝統食列車第1日目
鯖街道を熊川宿から小浜・明通寺、朽木へ

 伝統食列車第21号は全国から約70名の参加者を乗せ、11月30日から12月2日まで「初冬の鯖街道を湖国・滋賀へ、原発なくし自然生態系に依拠した地域づくり、食と農再生へ」をテーマに走りました。

《 1 日 目 》


 京都を出発したバスは若狭鯖街道熊川宿で、昔の面影を残す町並みを見学しました。

121130 (1).JPG
【ボランティアガイドの案内で、美しい街並みを散策する参加者】

 バスは雨の中を小浜市・明通寺へ向けて走ります。車内で「熊川宿のまちづくり」について、若狭熊川宿まちづくり特別委員会の藤本正夫さんに、熊川葛復活などのお話しを聞きました。
 明通寺を見学した後、原発現地から全国に反原発を訴える明通寺住職・中嶌哲演さんから小浜市への原発誘致に反対する運動の歴史をお聞きしました。中嶌さんは放射能汚染と向き合わざるを得ない中で、何としても子どもを救うことが第一だと訴えられました。
121130 (2).JPG
【「放射能から子どもを守るのは国の責任である」と訴える中嶌哲演さん】


夕 食 交 流 会
 
夕食交流会の会場は森林公園くつきの森・やまね館
作り手…丸八百貨店「むつみ会」の皆さん
      鹿肉の料理は
        山菜摘み農園「じゅうべえ」の西澤恵美子さん

121130 (11).JPG

121130 (7).JPG
【鯖ずし】

121130 (4).JPG
【鯖そうめん】

121130 (13).JPG
【鯖ののた】「ぬた」のことを朽木では「のた」といいます。

121130 (5).JPG
【鯖のなれずし】

121130 (14).jpg
【白和え】以前はぜんまいの白和えが「法事の鉢もん」にはつきものでしたが、今は獣害でぜんまいが採れなくなったので、「丸八」ではこんにゃくを使っています。

121130 (8).JPG
【ふきと筍の煮物】春に採れたふきと筍は塩漬けして冬の食料にします。

121130 (3).JPG
【あんこをのせた栃もち】

121130 (12).JPG
【甘酒】

121130 (6).JPG
【アチャラ漬け】

121130 (17).jpg
【大根と川えびの煮物】

121130 (18).jpg
【五目豆】

121130 (15).jpg
【大根とニシンの麹漬け】

121130 (10).JPG
【シカ肉のサラダ】

第2日目へ

第3日目へ
posted by dentousyoku 2012/12/27 | 伝統食列車>第21号−鯖街道(福井・滋賀)