2012年12月27日

第21号伝統食列車第2日目
くつきの森、シンポジウム、郷土食交流会

《 2 日 目 》

 バスは朽木・やまね館へと出発。午前中は「森の散策」「栃もちづくり体験」の2グループに分かれました。今朝も生憎の雨、冷え込みが厳しいと思ったら霰(あられ)が降ってきました。

121201 (1).JPG
【森の散策】

121201 (2).JPG
【落ち葉の上に霰(あられ)が…】

121201 (21).jpg
【栃の実の皮むき】

121201 (22).jpg
【栃もちつき】つきあがった栃もちは、あんこをまぶしていただきました。

 昼食はくつきの森・やまね館で森の伝統食ランチ

作り手・・・古代米栽培農家・横井真一さん
       旬菜料理「和」の石井篤志さん夫妻

121201 (3).JPG

121201 (4).JPG


 午後は朽木公民館でシンポジウムを開催

(発言者)
 ・澤田龍治さん
   (元びわこ高島観光協会・朽木本陣朝市の仕掛け人)
 ・高橋彦芳さん(長野県栄村前村長)
 ・猿橋 巧さん(福井県おおい町町議)
 ・西澤恵美子さん(山菜摘み農園「じゅうべえ」)
 ・内田康雄さん(滋賀食健連)
(コーディネーター)
 ・坂口正明さん
   (国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会事務局長)

121201 (5).jpg


 2日目の夕食交流会は、安曇川ふれあいセンター(公民館)

121201 (16).JPG
【挨拶する大江卓司代表】

 作り手…高島市商工会女性部の創作

121201 (13).JPG
【「郷の恵(さとのめぐみ)弁当】


作り手…郷土料理伝承の会(安曇川地域で活躍)
作り手…伝統料理を伝承する会(伝伝クラブ)は旧高島町の地域で 活躍

121201 (23).jpg
【棚田みそ】平成11年、畑地区の棚田が「全国の棚田百選」に認定されたのを契機に、地元有志で棚田味噌加工グループを立ち上げ現在にいたっています。

121201 (9).JPG
【切り干し大根の煮物】

121201 (8).JPG
【淡竹とこんにゃくの白和え】

121201 (14).JPG
【えび豆】

121201 (7).JPG
【万木(ゆるき)かぶらの甘酢漬け】万木かぶらは、まん丸(甲高)で皮は真っ赤で茎と中は真っ白で、そのコントラストが特徴。

121201 (15).JPG
【ねぎと油揚げのぬた】宮野ねぎは宮野を中心に栽培され、九条ねぎに比べて柔らかい食感が特徴。

121201 (18).JPG
【酒粕汁】

121201 (11).JPG
【塩押しなすと大豆の煮物]

121201 (12).JPG
【白かぶのバター焼き】

121201 (6).JPG
【丁稚羊羹】

121201 (20).JPG
【ヨシ笛コンサート】

第1日目へ

第3日目へ
posted by dentousyoku 2012/12/27 | 伝統食列車>第21号−鯖街道(福井・滋賀)