2012年12月27日

第21号伝統食列車第3日目
高度経済成長と琵琶湖総合開発で変わった琵琶湖

《 3 日 目 》


 最終日、バスは高島市から野洲市へ。「びわ湖の水と環境を守る会」代表の松沢松治さんは50年間びわ湖で漁師として生活してきました。松沢さんは琵琶湖固有の魚が激減した原因について語り、琵琶湖の水を守るのは山だと言い、漁民が森づくりに取り組んでいることを紹介しました。

121202 (1).JPG
【銅鐸博物館で松沢松治さんの話を聞く参加者】

 伝統食列車最後の昼食は、松沢さんがびわ湖で獲った湖漁のフルコースを、「あやめ荘」でいただきました。

121202 (2).JPG


121202 (3).JPG
【松沢さんの鮒ずし製造現場を見学、松沢さんの鮒ずしの作り方に耳を傾ける参加者】


 伝統食列車21号の詳しい内容は、2013年1月15日発行の機関紙「伝統食だより」第180号に掲載します。機関紙購読は、メールにてお申し込みください。 
logo4.jpg


第1日目へ

第2日目へ
posted by dentousyoku 2012/12/27 | 伝統食列車>第21号−鯖街道(福井・滋賀)