2013年08月09日

少しは手加減してほしいですね

 言うまいと思えど今日の暑さかな、誰かの川柳みたいな毎日。この2〜3日年寄りには仕事どころか、寝るのさえも重労働だ。普段はエアコンなど不要な我が家も今年は参った。原発再稼動の提灯持ちのつもりかも知らないが、連日テレビで煽るから更に暑く感じる。
 雨不足にも難儀する、畑を耕す時頭から土煙をかぶる、まるでサファリラリーの映像を見ている感じ。地域によっては、過去に経験の無いような豪雨で災害を惹き起こし、トータルで帳尻を合わされても困る。まるで税と社会保障の一体改革と同じだ。最近は天も人間の愚行を見ているうちに感化されたのか。
 国連は2013年を「国際水協力年」に指定している。地球上の水は140京トンと推計されているが、そのうち97.5%が塩水だそうな。雨や雪として陸地に降った水が海に戻るまでの淡水を水資源と呼び、その量は水全体の約0.014%に過ぎないと言えば、水資源の大切さは理解できるだろう。この降水量を人口一人当たりで見れば、日本は世界平均の4分の1程度らしい、しかも台風・集中豪雨・降雪など不均等であるから全ての水資源を利用できるわけではない。格差社会の是正は、人間がその気になれば可能だが、天の所業とあれば知恵を絞って付き合う以外に無い。だから、国連もみんなで協力して水資源を大切に使おうと呼びかけているのだろう。

ky-1.jpg

 日焼けでキュウリが苦くて食用不向きになったから放置した。
 タネ用まで熟した特大キュウリがいっぱいぶら下がって、
 片付けに往生した。

 ky-2.jpg

 熟してくると苦味は抜けるが、一輪車の2杯も食べられん。

 ky-3.jpg

 皮を剥いて二つ割りにし、スプーンで種をくり抜く、
 薄く刻んで酢味噌か甘酢で和えると、キュウリ本来の味がする。
 糠床に漬けてみたが、柔らかくて味はいまひとつ。
 TPP参加の結末によっては、こんな食材を求める事態を招くかもしれない、
 様々な食材を利用できる調理技術を身に付けておこう。
           
                 2013.8.9 (卓)
posted by dentousyoku 2013/08/09 | コラム>ただいま奮闘中