2013年09月15日

これからの行事

goannnai_1.jpg


  
tanegaabunai.tif
− 固定種・在来種種苗店の現場から −
 


・日時   2013年10月6日(日) 午後1時30分~4時30分
・場所   クレオ大阪東 音楽室   TEL 06-6965-1200
・講師   野口勲さん(野口種苗研究所代表)
・参加費  1000円
・主催   講演会「タネが危ない」実行委員会
 
 

 いま世界の種子市場の半分以上をわずか3社の多国籍企業が握っています。これでTPP参加になれば、日本の農業、私たちの食卓はどうなるのでしょうか?かつてはどの国でも農家の自家採取で農業生産が続けられてきましたが、日本では高度経済成長期の大量生産・大量消費時代に、現在日本で栽培される野菜のタネの90%以上を占めるF1(一代雑種)に変わってしまいました。F1は農業経営にとって必要とされていますが、そのリスクも問われています。生命のおおもとである「タネ」の問題について、固定種・在来種の種苗店3代目の野口勲さんにタネの世界で起こっていること、これからの食と農、食の文化にとってのタネの大切さを講演いただきます。


乾物シリーズ第5回「現地見学・体験・交流」

・日時  2013年10月18(金)〜20日(日)
・受け入れ団体  山形県・月山の恵みの里庄内交流推進協議会
         代表 梨美代子さん(当会会員)
         事務局 小林 仁さん
・行程  
 10/18(金)
  庄内町・余目ホテルへ午後6時現地集合(宿泊)
      〒999-7781 
       山形県東田川郡庄内町余目沢田114
         TEL 0234-42-2442
  現地の方や参加者の皆さんで夕食交流会
 10/19(土)
  午前 からとり芋の収穫体験(人輝芽生(ときめき)ファーム)
  昼食と交流会 「農家レストラン・農々家」
  午後 芋がら作り体験
  町営バスで、月の沢温泉・北月山荘へ(宿泊)
  夕食交流会
      〒999-6609 
       山形県東田川郡庄内町立谷沢字西山1-67
        TEL 0234-59-2137
 10/20(日)
  町営バスで月の沢温泉・北月山荘を出発
  昼前に狩川駅で現地解散予定。
・参加費  20000円
  申し込み頂いた方に、詳細をお送りします。まだ若干名の参加可能です。

 1日目の余目ホテルで夕食を頂きながら、17号列車・20号列車の受け入れや郷土料理づくりでお世話になった皆さんと交流します。夕食には、若女将の河村奈美さんが、若いセンスで考案したじき芋(からとり芋)プロジェクトで好評だった創作料理「じき芋のシーザ風ポテトサラダ」「からとりと庄内柿のサラダ」「からとり芋のグラタン」「からとり芋と茎のビーフシチュー」などの中から、何品か出して下さいます。2日目の月の沢温泉・北月山荘では、庄内の伝統的な料理をいただきながら、月山の恵みの里庄内交流推進協議会の方々と、この日の芋ほりや芋がら作り体験をもとに交流の予定です。


第22号伝統食列車事前学習講演会

「原発の こと、とことん学ぼう」
ー 脱原発・新しいエネルギー実現のために ー

・日時   2013年10月28日(月) 午後1時30分~4時
・場所   大阪中央区民センター・第2会議室 
         TEL 06-6267-0201
・講師   長尾正典さん
        (非核の政府を求める大阪の会・常任世話人)
・参加費  会員1000円 読者1100円 一般1200円

 
 脱原発を唱えるのなら、新しいエネルギー実現のために私たちは何から始めたらいいの?福島原発は今どんな状況にあるの?電気料金の仕組みは?ソーラー発電の売電方式と蓄電方式の違いは?
今知りたいこと、分からないこと、何でも持ち寄って、平和問題研究家として各地で講演活動をなさっている長尾さんに疑問に答えて頂きながら、とことん学習しましょう。


train.jpg  走れ! 伝統食列車
  
第22号伝統食列車
 テーマ
  「晩秋の土佐・幡多地域へ  
 
食も農もエネルギーも、自然生態系生かした地域づくり」

・日時  2013年11月28(木)~30日(土)
・訪問地 高知県幡多地域
       四万十市  土佐清水市  宿毛市
       黒潮町   大月町    三原村  
 
hata_map.jpg 
詳細は近日中に当ブログにて


参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


posted by dentousyoku 2013/09/15 | 事務局から>行事のご案内