2014年06月18日

文化を繋ぐとは

 記憶は定かではないが、一昨年だったと思う。生駒市在住の会員から当会に、地域の若いお母さんたちに料理指導の依頼があった。会の行事としての出前実習なら可能だが、定期的に継続するのは、役員の負担が重過ぎて困難なことから、地域在住の当会会員Mさんに講師をお願いした。
 お母さんたちは「魚をもっと食べるように」医師から警告されたという経緯から、料理教室は、魚のさばき方から魚の調理法の実習を続けている。今回6月16日の実習会場を我が家で引き受ける事になった。

a-1.jpg

島根県松江市の恵曇(えとも)漁港市場から、
仲買人・三沢さん(機関紙読者)直送のアジ9.5s。

k-1.jpg

子供を背に奮闘するお母さんの、懐かしい姿。
子供は肌と目・耳で母を感じ取ることができる。
こうして、母子共に感性は磨かれる。
カンガルー式では、こうはならない。

            2014,6,18(卓)      
posted by dentousyoku 2014/06/18 | コラム>ただいま奮闘中