2017年07月21日

これからの行事

goannnai_1.jpg


●「若者トーク広場」

   ☆ 第3回 「湖魚の味を伝える」


・日時 2017年7月26日(水)午後2時〜4時
・場所 「IOR?I雲州堂」
    (ダイニング・イベントスペース)
     Tel 06-6361-3903 (大阪市北区菅原町7−11)
     地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」4−B出口
     JR東西線「大阪天満宮駅」3番出口
     京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」(1−A)26番出口
※希望の方へ地図お送りします。 
・トーク  中川知美さん(琵琶湖の漁師さん)
 お父さんは当会でもお世話になった漁師歴40年の松沢松治さん。小さい頃から船に乗って傍らで仕事をみていた知美さんは、いま漁師として家業を手伝う。
・参加費  500円+ワンドリンク注文


●学習会

☆主要農作物種子法(種子法)が廃止になって
食はどう変わるのでしょうか?

・日時 2017年7月28日(金)午後1時30分〜4時
・場所 大阪府立男女共同参画・青少年センター
     (ド−ンセンタ−)4階 中会議室(3)
        TEL/FAX06-6910-8500
    地下鉄谷町線「天満」・京阪電車「天満橋」
     徒歩7分
・講師 佐保庚生さん(農民組合大阪府連副会長)
          (第2回伝統食祭り実行委員長)
   
 最近よくきくようになりました「種子法」という言葉をしっていましたか?
 「種子法」は先の通常国会で廃止されましたがどんな法律だったんでしょうか?
 生産者や消費者にどんな影響が出てくるのでしょうか?
 等々の疑問についてお話を伺います。
・参加費  1000円(資料代含む)


●「若者トーク広場」

   ☆ 第4回 「旬を写す」


・日時  2017年9月26日(火)午後2時〜4時
・場所  「IOR?I雲州堂」
・トーク 横山智隆さん(写真家)
 京都・奈良を中心に仏教美術や文化遺産、祭りなどの年中行事を撮る一方で料理の写真にも取り組む。
・参加費  500円+ワンドリンク注文
               
 参加ご希望の方はメールにて 行事名・住所・お名前・電話番号を添えて下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2017/07/21 | 事務局から>行事のご案内

2017年05月13日

これからの行事

goannnai_1.jpg

 
●「若者トーク広場」
 ☆第1回「お茶とおにぎりのコラボ」

・日時 2017年5月26日(金)午後2時〜4時
・場所 「IOR?I雲州堂」 TEL 06-6361-3903 
      大阪市北区菅原町7−11 
 (京阪・地下鉄堺筋線「北浜」駅26番 出口より徒歩5分)
※希望の方へ地図お送りします。
・トーク&実演  
 中島由紀子さん(日本茶インストラクター・茶育指導士・
   奈良佐保短大「奈良とお茶」担当講師)
 松田昌子さん(おにぎりが大好きなオニギリスト・
   おにぎりの提供やワークショップなどを行う)
・参加費 500円+ワンドリンク注文+お茶・おにぎり代
                  
地域ミーティング in 奈良県・生駒   
 「初夏の伝統食講習会」    

・日時   6月24日(土)10:00〜14:00
・場所   未定
・料理担当  浅岡元子
・献立等詳細は、生駒在住の会員や地元のママさんと検討中。地元以外の方も若干名参加可能です。
 
 久々の地域ミーティングです。奈良県・生駒で初夏の伝統食を作り、試食しながら地域の幼児連れのママさんたちと交流します。

●「若者トーク広場」  
   ☆第2回 「田んぼアートにかける夢
   ―米を作り、海でアオサを育てる」

・日時  2017年6月27日(火)午後2時〜4時
・場所  「IOR?I雲州堂」
・トーク  遠藤友幸さん
     (福島農民連・福島県相双漁協・ボーカリスト)
・参加費  500円+ワンドリンク注文

★特別企画≪遠藤友幸ボーカルライブ≫ 
   夜はボーカリストに変身! 
・日時 6月27日(火)午後6時〜8時(場所・雲州堂)
・参加費 2000円  

漁業を考えるシリーズU
 「養殖魚は今―ブリの養殖場見学とお話」 
 

・日時   7月2日(日)〜3日(月)1泊2日
・訪問地  宇和島市日振島(ヒブリシマ)喜路(キロ)
      うわうみ漁業協同組合副組合長
        笠岡義雄さんのブリ養殖場
・現地集合 宇和島盛運汽船乗り場 午前11時集合 
     11時半発の日振島行き定期便に乗船 
     弁当は各自ご用意下さい。
・宿泊  ホテルクレメント宇和島(宇和島駅前)
        1泊朝食付  TEL 0895-23-6111
・夕食  宇和島駅前の創業50年の老舗「かどや」で、
     笠岡さんを囲んで宇和島の郷土料理を
     いただきます。
・解散  7月3日(月)ホテルで朝食後現地解散
・参加費 19000円(夕食の飲み物代別・現地の費用のみ)
※詳細は申し込み希望の方に、後日お送りします。
 なお、関西から参加される方は7月1日(土)大阪南港22:00発のオレンジフェリー(東予港2日6:00着)で一緒に行きます。帰路は電車です。
 
 天然の旬の魚を食べたいというのは私たちの願いですが、第1回の二平 章先生のお話のように天然の魚の漁獲量は色々な条件で変化し、激減している魚もあります。養殖の魚の味は“飼い方次第”といわれますが、ブリの養殖場を見学して漁師の方のお話を聞きます。養殖ブリの試食もあります。

               
 参加ご希望の方はメールにて 行事名・住所・お名前・電話番号を添えて下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2017/05/13 | 事務局から>行事のご案内

2017年03月17日

これからの行事

goannnai_1.jpg

                       
●見学会「お弁当箱〜目であじわう器 春季展」

・日時   2017年3月31日(金)午前11時30分〜午後2時
・場所   八幡市立松花堂美術館
・集合時間 3/31(金)午前11時15分
・場所   八幡市立松花堂美術館入口前
・参加費  1000円
       お弁当箱春季展と庭園見学・
                 特別椿展見学料含む。
       昼食代(京都吉兆)は含みません
☆京都吉兆の昼食(松花堂弁当 4000円)は午後2時30分からです。ご希望の方は申し込みください。
 お昼のお弁当から遠足のお弁当、花見弁当、芝居の弁当などなどお弁当は料理は無論、見るだけで心ときめく器の文化。「松花堂弁当」発祥の地・八幡市の松花堂美術館の春季展を見学(学芸員の方に案内していただきます)、 約40点の趣向あふれるお弁当の展示を見学し、また国の名勝に指定された「松花堂および書院庭園」、そしてこの時期3日間の特別椿展も楽しみます。

●学習会 漁業を考えるシリーズ      
「今、海はどうなっているのか」

・日時 2017年4月8日(土)午後1時30分〜午後4時
・場所 大阪府社会福祉会館
    (地下鉄谷町線、谷町6丁目下車
       13番出口南へ徒歩5分)Tel 06-6762-5681
・参加費 1000円
・講師  二平 章さん
    茨城大学人文学部
      市民共創教育研究センター/客員研究員
    北日本漁業経済学会/会長・9条科学者の会/会員
    全国沿岸漁民連絡協議会(JCFU)/事務局長 
 昨秋はサンマが不漁、この冬はスルメイカが獲れない。イワシ、サバといった日常的に私たちの食卓に上っていた魚類は少なくなり、サーモン、養殖マグロの出番が多くなっています。四方を海に囲まれた日本の海の中で何が起こっているのか?世界の現状は?
 私達になにが出来るのか、漁業のことを勉強し考えるスタートにしませんか?

●新企画「若者トーク広場」

 食をはじめさまざまな分野で自分らしく生き、働き、暮らしている現代の若者たち。そんな若者たちに今取り組んでいること、考えていることなどなどざっくばらんに語っていただき、囲んで交流します。できれば毎月一回、午後2時〜4時。場所は大阪・北浜近くの古い蔵をリノベーションしたイベントスペース「IOR?I雲州堂」。参加費はワンコイン(500円)十ワンドリンク注文。レトロな雰囲気のあるお店で昼下がりの若者トーク、お気軽にご参加ください。

☆「若者トーク広場」第1回

・日時  2017年5月26日(金)午後2時〜4時
・場所  「IOR?I雲州堂」
 (京阪・地下鉄堺筋線「北浜」駅26番出口より徒歩5分)
           大阪市北区菅原町7−11   
            TEL 06−6361−3903
※メールでお申し込みの方には、地図お送りします。  
・トーク  
   中島由紀子さん
      (日本茶インストラクター・茶育指導士)
・参加費  500円+ワンドリンク注文


≪これからの予定≫
 
※このほか日程が決まり次第お知らせします。

◎「若者トーク広場」第2回〜4回
▼6月  遠藤友幸さん(福島農民連・福島県相双漁協)
      米を作り、海でアオサを育てる。
      田んぼアートを描く。
▼9月  横山智隆さん(写真家)
▼2018年2月
     横井真一さん(朽木まるきゆう)  
      無農薬で餅や古代米を作り、
      自家栽培米で餅や和菓子を作る。

train.jpg◎第26号列車  走れ 伝統食列車
・日時  8/19(土)〜8/22(火)
・行き先 北海道十勝〜釧路地区へ
 日本一の豆王国・本別町から
         マイペース酪農の現地・別海町へ
 ※内容の詳細は
     機関紙「伝統食だより」5月号(5/13発行)に

◆人と農・自然をつなぐ会主催 「第41回お茶摘み交流会」
・日時 2017年4月22日(土)〜23日(日)
・場所 やまびこスペース 静岡県藤枝市滝沢1417-2
・問い合わせ・申しこみ先 (杵塚敏明さん)
       Tel 054-639-0033
       Fax 054-639-0858 
   お話の講師は、
      農民連食品分析センター所長 八田純人さん


 参加ご希望の方はメールにて 住所・お名前・電話番号を添えて下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2017/03/17 | 事務局から>行事のご案内

2017年01月16日

これからの行事

goannnai_1.jpg

                       
●京都・円亭の冬の魚料理を味わう会
 
・日時  2017年1月27日(金) 午後5時30分〜8時
・場所  円亭(京都市上京区今出川通り小川入る北兼康町302)
        (地下鉄「今出川」下車8分)
         TEL 075−451−5554
※申し込みの方に地図お送りします。      
・参加費 5000円(飲み物代別)                               
昨年夏好評だった「円亭の魚料理を味わう会」の冬バージョン。三重直送の今が旬の冬の魚、当日は何が出されるかお楽しみに!

新春懇親会

・日時  2017年2月6日(月)午後1時30分〜4時
・場所  大阪市中央公会堂(中之島)
         TEL 06−6208−2002
・参加費 500円
久々の新春懇親会です。これからの会のこと、列車のこと、ゆっくり語り合いましょう。


●信州・栄村ツアー
「雪国の暮らし、冬を乗りきる食の知恵」

・日時   2017年2月24日(金)〜26日(日) 2泊3日
・訪問地  長野県下水内郡栄村
・現地集合 2/24(金)午後2時30分
      JR飯山線「森宮野原」駅前の「吉楽旅館」
・現地解散 2/26(日)午後2時頃
・宿泊   吉楽旅館  
・定員   20名  
※申し込みの方に後日詳細お知らせします。
現地の「野田沢スノーキャンドル」にあわせての企画ですが、雪不足で「スノーキャンドル」が中止になった場合でも別企画で行います。冬の栄村の魅力を探訪しましょう。

参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


 
posted by dentousyoku 2017/01/16 | 事務局から>行事のご案内

2016年12月12日

これからの行事

goannnai_1.jpg


恒例の望年会開催のお知らせ 

 伝統食列車第25号も、盛会のうちに終えることができました。
 今年も残りわずかとなりました。天候不順での野菜の高騰には驚かされます。今年は、会の創立35年「伝統食だより」200号発行をよろこびあう祝賀会を行うことができた節目の年でした。自慢の一品をもちよりながら、今年を振り返り来年を望むひとときにしましょう。もちろんいつもながら食べる役割の方も大歓迎です。
 日時:2016年12月24日(土)午後1時〜4時
 場所:大阪農民会館(JR環状線 大阪城公園駅 下車7分)
      参加者で場所の分からない方は、地図を送ります。
 参加費: 2500円

予       告 
 
 信州・栄村「野田沢スノーキャンドル」ツアー
       「雪国の暮らし、冬を乗り切る郷土食を味わう」

 日時:2017年2月24日(金)〜26日(日)
 詳細は次の「ごあんない」にて

参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


posted by dentousyoku 2016/12/12 | 事務局から>行事のご案内

2016年09月16日

これからの行事

goannnai_1.jpg


● 「大阪湾の魚を使った料理講習会」第1回 
≪あなたもイワシ料理名人に!≫

・日時  2016年10月1日(土)12:00〜16:00(軽く昼食を済ませて
                             ご参加ください)
・場所  クレオ大阪中央調理室(TEL 06-6770-7200)
      地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅下車、
       @・A番出口から北東へ徒歩3分
・講師  料理研究家 西野幸枝先生(当会会員)
・献立  白ご飯・卯の花ずし・マリネ・辛煮・かば焼き・つみれ汁
・参加費 2800円(会員)2900円(読者)3000円(一般)
・持ち物 エプロン 三角巾 布巾(多めに) 
     出刃庖丁(あれば)…つみれ作りに使用  
     保冷パック(イワシ持ち帰り用)
・定員  24名(開始10分前にご着席下さい)保育あります。
 ※イワシ注文の都合上、22日までに参加の申し込みと、必要なら持ち帰り用イワシの注文をお願いします。

 イワシの旬は春先(5月)〜10月いっぱいです。大阪湾全域で獲れ、主に泉州・岸和田で水揚げされます。餌が豊富なので、大阪湾のイワシは脂がよくのって美味しいそうです。急速凍結した鮮度の良いイワシを一人10尾さばいて色々な料理法を習いましょう。


● 「大阪湾の魚を使った料理講習会」第2回
  ≪釜揚げシラスと
      浪速の伝統野菜を使った料理≫
   

・日時  2016年10月22日(土)13:00〜16:30
・場所  クレオ大阪中央調理室(TEL 06-6770-7200)
・講師  料理研究家 西野幸枝先生(当会会員)
・献立  白ご飯・釜揚げシラスの柳川風・かぶら蒸し・
      石川早生のとろろかけ・釜揚げシラスの辛子酢味噌和え・
      即席かぶらずし
・参加費 2800円(会員)2900円(読者)3000円(一般)
・持ち物 エプロン 三角巾 布巾(多めに) 
     保冷パック(釜揚げシラス持ち帰り用)
・定員  24名(開始10分前にご着席下さい)保育あります。

 イワシシラス(カタクチイワシの稚魚)の釜揚げと、なにわの伝統野菜の石川早生・天王寺蕪を使った料理を教えていただきます。なにわの伝統野菜を味わってください。

train.jpg
 「伝統食列車第25号」  

・テーマ:「師走の東京へ−
          TPP反対! 食の安全安心を次世代へ。
                江戸の暮らしの文化を見直そう」  

・日時:2016年12月3日(土)〜5日(月)
・今号機関紙2・3面参照ください。
・25号列車資料ができ上がりました。列車資料ご希望の方は、住所・氏名・電話番号を明記のうえ、下記メールアドレスまでお申し込みください。


参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


posted by dentousyoku 2016/09/16 | 事務局から>行事のご案内

2016年08月24日

記録映画上映会
 第2回目のご案内


この行事は終了しました。
               ありがとうございました。


goannnai_1.jpg


上映会第2回目
被災地の水産加工業
経営者たちの戦いの記録

2本上映
 ・塩竃「カネコ橋沼商店」(笹かまぼこ)の橋沼幸造社長
 ・気仙沼「福寿水産」(フカヒレ)の臼井弘社長

 「SORA'1(ソラワン)」代表取締役・プロデューサー 田中淳子さんのお話もあります。

日時: 8月29日(月) 午後1時30分〜3時30分
場所: 大阪市立総合生涯学習センター 第3研修室      
        大阪駅前第2ビル5F 
参加費: 1000円

 観賞ご希望の方は、直接会場にお越しください。
 お待ちしております。

お問い合わせは 下記アドレスまで。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2016/08/24 | 事務局から>行事のご案内

2016年08月04日

記録映画上映会のご案内

この行事は無事終了しました。ありがとうございました。

goannnai_1.jpg

 このご案内は画像で表示しています
 本文等をクリックすると鮮明画像でご覧になれます
       
kirokueigajoueikai1.JPG

kirokueigajoueikai2.JPG
 このご案内は画像で表示しています
 本文等をクリックすると鮮明画像でご覧になれます

       
参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


この行事は無事終了しました。ありがとうございました。
posted by dentousyoku 2016/08/04 | 事務局から>行事のご案内

2016年07月17日

これからの行事

goannnai_1.jpg


「国際マメ年」シリーズ第2回
  「世界の料理を学ぶ」〜ランチとお話〜
・日時  2016年7月29日(金)午前11時〜午後2時
・場所  からこと舎(京都市中京区聚楽廻松下町12−13)
      TEL 075-811-4890(楽天堂)
      ※京都市バス・京都バス「丸太町七本松」下車徒歩4分
      ※申し込みの方に地図お送りします。
      ※定員 15人
・お話とランチ  楽天堂代表・高島千晶さん
・参加費 2200円  
      
 は世界各国の人々にとって大事な食糧であり、その国のの食べ方、各国各様の伝統的な料理法があります。京都の町のまんなかの小さな屋「楽天堂」―「料理クラブ」を主宰し、の魅力を楽しく発信している高島千晶さんから世界のの食べ方のお話をお聞きし、そのいくつかを味わいましょう。

  
≪京都・円亭の夏の魚料理を味わう会≫

 三重直送の新鮮な旬の魚がそのつど楽しみな「円亭」(当会会員)。旬を活かし、魚を活かす当主夫妻の腕もまた楽しみ!

・日時  2016年7月29日(金)午後5時〜
・場所  円亭(京都市上京区今出川小川東入る北兼安町302)
       TEL 075-451-5554 
       ※申し込みの方に地図お送りします。
・参加費  5000円(飲み物代別)

  
●講演会「被災地の水産加工業はいま」
    〜お話とDVD上映〜


・日時  2016年8月3日(水)午後1時30分〜4時30分
・場所  大阪市立生涯学習センター
        第8研修室(大阪駅前第2ビル5F)
        TEL 06−6345−5000
・講演  「ソラワン」代表取締役・プロデューサー  田中敦子さん
・参加費  1000円

 東日本大震災で未曾有の被害を受けた岩手・宮城の水産加工業。震災から5年、瓦礫のなかから経営者たちは生きるために、生業を取り戻すためにどのように戦ってきたか。復興できるかどうかは5年たった今まだこれから−−テレビでは伝えられない復興の真実を震災直後から追い続けてきた生々しい現場からの記録。この現実を多くの人に知ってほしい、そして後世に生かしてほしいと田中敦子さんは自身の生涯をかけて、さらに立ち上がる水産加工業者たちの5年後を撮り始めます。
(当日は「被災地の水産加工業者―経営者たちの戦いの記録」総集編のDVDも上映します)


●記録映画上映会
「被災地の水産加工業 経営者たちの闘いの記録」

・日時 2016年8月23日(火)12時半開場〜16時半終了予定
・会場 シアターセブン BOX1(第七芸術劇場の1階下)
     阪急十三駅西口徒歩5分 サンボードシティ5階
・主催 「被災地の水産加工業 経営者たちの闘いの記録」上映会
・料金 1100円

 8月3日(水)に開催します上記映画のプロデューサー田中敦子さんの講演に登場する東北の水産加工業5社それぞれの記録映像(1社40分前後)を上映します。震災後すぐに現地を訪れ、テレビでは伝えられない復興の真実を丹念に描いたドキュメントです。当日も田中さんは来館され、それぞれの経営者のその後の状況、人間性も含めてお話をして頂く予定です。軽食(有料)の準備も考えております。

       
参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


posted by dentousyoku 2016/07/17 | 事務局から>行事のご案内

2016年05月23日

これからの行事

goannnai_1.jpg

茶話会
  「奈良・心樹庵で心静かにお茶のひとときを」


 ・日時   2016年6月21日(火)午後2時〜4時
 ・場所   ならまち町家茶房「心樹庵」(奈良市西新屋町22番)
         TEL 0742−27−3083
 ※申し込みの方には後日詳細をお送りします。               
 ・参加費  2000円

 当会で何度か訪問し、逸品のお茶の味・香りに定評ある日本茶・中国茶の専門店「心樹庵」。「伝統食だより199号」でも「食べもの随想」(3面)で
 同店の米山康子さんが「真味のお茶」について書かれています。当日はいま当主おすすめの何種かの日本茶・中国茶を淹れていただき、奥深いお茶のお話に耳傾けましょう。

≪ご一緒にランチを!≫ ・・ご希望の方は申し込みください。
 心樹庵近くのかまど炊きのご飯が自慢の「鹿の舟 竈」というお店でランチをいただきましょう。
 (セルフサービス・予約なし)地元の食材もおそうざいに。             

参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


posted by dentousyoku 2016/05/23 | 事務局から>行事のご案内

2016年03月16日

これからの行事

goannnai_1.jpg


ドキュメンタリー映画
    「増田進 患者さんと生きる」鑑賞と

山形ランチ

・日時  2016年3月24日(木)午前10時30分〜12時10分(映画)
                    12時30分〜午後2時 (食事)
・場所  大阪十三・シアターセブン(阪急線「十三」西口より5分)
       TEL 06-4862-7733
※シアターセブンを知らない方は、当日午前10時に阪急線「十三」 西口改札へ
※食事はシアターセブン近くのレストラン「ココット」で山形の食材 を使った特別ランチです。(希望の方は申し込み下さい)
・参加費 映画特別観賞券 1000円(こちらで用意しています)
      食事代     1500円(飲み物別)
 かつて全国に先駆けて老人医療無料化、乳幼児死亡率ゼロを実現した岩手県沢内村(現西和賀町)。生命尊重の村作りの中心人物だった増田進医師のいま、医療の原点に立ち患者さんと共に生きる姿を映すドキュメンタリーです。(伝統食だより199号6面参照)


伝統食品学習会
「大和煮が生み出す五味五感」
 

・日時  2016年4月5日(火)午後1時30分〜4時
・場所  大阪市立総合生涯学習センター 第8研修室
(大阪梅田・駅前第2ビル5階) TEL06-6345-5000
・講師  「江戸三・大和屋」取締役会長・大和孝資さん
・参加費 1000円
 大阪の魚市場が「雑喉場」と呼ばれていた明治初期、大阪・江戸堀で鰊や小魚の甘露煮で創業して以来食材
の産地・品質にこだわり、手間を惜しまず、添加物を使わず炊き上げる。「ほんまもん」の味を追求してこら
れた同店の食品作りの基本を、いまも現場に立つ会長の大和孝資さんに伺います。


『国際マメ年』   “豆料理を楽しむ会”

・日時  2016年4月29日(金・祝))12時〜午後3時
・場所  大阪農民会館(JR環状線 大阪城公園駅徒歩5分) 
・参加費 1500円(材料費は請求して下さい)
 国連総会は今年を『国際マメ年』と宣言しました。大豆の日本への伝来は縄文時代あるいは弥生時代初期と考えられています。豆は貴重な栄養源であり種類も美味しさも様々で、日常食は勿論、行事食や和菓子などにも使われてきました。先ずは豆料理を持ち寄り、料理のコツや豆にまつわる話も交えながら楽しく交流しましょう。申し込みの時、献立をお知らせ下さい。試食のみの方も歓迎します。(おにぎり・みそ汁・漬物も用意します)


  春の信州・栄村ツアー(共催・栄村観光協会)
            ・・・冬のツアーが延期に
 「雪が育む山菜の味、
        春の息吹を郷土食に生かす」


・日時  2016年5月14(土)〜15日(日)(1泊2日)定員 20名
     オプショナルツアーもあります。5/15(日)〜16日(月)
  秘境・秋山郷へ(秋山郷切明温泉泊、「えいのかみ」の料理)
・訪問地 長野県下水内郡栄村
・現地集合 5/14(土)午後2時30分 JR飯山線「森宮野原」駅前 吉楽旅館
・現地解散 5/15(日)午後2時頃
・宿泊・交流会場 吉楽旅館
※申し込み希望の方に後日詳細(日程・参加費等)をお知らせします。 前回の「ごあんない」でお知らせしました「真冬の栄村ツアー」は例年にない積雪の少なさ等諸般の事情で、今回の「春ツアー」に変更になりました。
 新緑の時期栄村は山菜の最盛期、雪国ならではの山菜の味わいと春の郷土食を囲み、地元のお母さんたち、農家レストランや山里の暮らしを送る女性達と交流します。自然を生かした栄村の暮らしの魅力を深めましょう。


『会創立35周年
  ・機関紙「伝統食だより」200号記念』を祝う会


・日時  2016年6月18日(土)午前11時30分〜午後4時
・会場  ドーンセンター(大阪天満橋)
 2月から実行委員会を立ち上げ、準備を進めています。是非皆さんのご参加をお待ちしています。詳細は5月号(200号)にてお知らせします。



≪当会所属団体の行事予定≫


「TPPで日本はどうなる?」
        あなたの疑問に答えます
 
主催:ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク

・日時  2016年3月19日(土)13:30〜16:00(13:00開場)
・コメンテーター 坂口正明さん(全国食健連事務局長)
         杉島幸生さん(弁護士)
・参加費 500円 
・会 場  大阪社会福祉指導センター5階多目的ホール


学習会「食と農を考える―なにわの伝統野菜」
(仮題)
 
  主催:食料を守り、日本農業再建をすすめる大阪府民会議

・日 時  2016年4月10日(日)13:30〜16:00
・場 所  大阪農民会館 別館2階会議室(豆料理と同じ会場)
・講 師  阪上 勝彦さん(道の駅かなん 元駅長) 
              

参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg


posted by dentousyoku 2016/03/16 | 事務局から>行事のご案内

2016年01月16日

これからの行事

goannnai_1.jpg



●「国産大豆で作る手前味噌講習会」
        ( 出前講習 )


 味噌作りをご希望の方、回りでお仲間を集めて下さい。おなじみの当会味噌作り講師・宮崎鈴恵さんが出前講習に伺います。(2月中旬から3月初旬)


●「山岡細寒天工場見学」

・日時  2016年1月25日(月)
・行き先 「おいしい有限会社」
   岐阜県恵那市山岡町上手向 2533
     名古屋よりJR中央線で恵那駅乗り換えて
     明和鉄道で山岡駅へ約120分
※集合・費用等、詳細は後日申し込みの方に連絡します。

 高田郁作「銀二貫」の小説や、NHKのドラマで取り上げられていた天満の寒天卸問屋の話が話題になりました。
 伝統食品の一つである寒天について、生産現場を見学したいと思います。寒天は冬の寒暖差の激しい時期を利用して作られます。今年は暖冬のため生産時期が短く、急なお知らせとなりましたが上記の日程で見学に行きます。


下記の「真冬の信州・栄村ツアー」は、現地の都合により、春に延期になりました。
詳細は改めてご案内します。


●真冬の信州・栄村ツアー 
    「雪国の食と暮らし、
        冬を乗り切る郷土食を味わう」
                      

・日時  2016年2月20日(土)〜21日(日)(1泊2日)
※オプショナルツアーもあります(2/21(日)〜22(月)
  秘境・秋山郷へ(秋山郷切明温泉泊、「えいのかみ」の料理)
・訪問地  長野県下水内郡栄村      
・現地集合 2/20(土)午後2時30分 
  JR飯山線「森宮野原」駅前 吉楽旅館
・現地解散 2/21(日)午後2時頃
・宿泊・交流会場   吉楽旅館  
※申し込み希望の方に後日詳細(参加費・日程等)をお知らせします。
・定員  20名 

 毎年夏の恒例行事になっていた信州・栄村ツアー。
 今回はかつて7.85mという日本最高の積雪を記録した豪雪地、冬の栄村を訪ねます。今年は暖冬で例年になく雪の少ない冬になりましたが、通常は1年の5か月が雪に覆われ、雪の苛酷さと恩恵をうけながら縄文の時代からの長い歴史を経て営々と暮らしが営まれてきました。このツアーでは雪国独特の生活文化や暮らしの知恵を学び、豪雪地ならではの保存食など雪国の郷土食を味わいます。
 
【 内 容 】(予定)
 
    郷土食「耳だんご」(やしょうま)作り講習
            (講師は地元のお母さんたち)
            (2月15日のお釈迦様の命日に作る)
     雪国の暮らしのお話(高橋彦芳前村長)
         「土の香」・高波敏日子さんのそば打ち(予定)
     冬の栄村の郷土食を味わう    ・・・・・・・・・など


●「ママカレ冬プログラム 
      おいしい甘酒と味噌づくり講習会」 
   ご協力のお願い


・日時  2016年2月月28日(日)10:30~14:30(昼食含む)
   
 今年も、京都・伏見青少年活動センターと当会が協力して、味噌作り講習会を行います。炊飯器を使った甘酒の作り方も講習します。
講師は当会の宮崎鈴恵さんです。昼食におにぎり・味噌汁・漬物を皆でいただきます。甘酒の試飲もあります。お手伝い頂ける方はご連絡ください。
 3月月4日(金)は同じ会場で、当会役員・田中淑子さんが子どもにぜひ食べて欲しい料理をママカレに講習します。

                  
参加ご希望の方は、メールにて 
 下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2016/01/16 | 事務局から>行事のご案内

2015年10月02日

すい都大阪  伝統食まつり

   伝統食まつりのポスターが出来上がりました。
   どうぞ皆さま、お誘い合わせの上お越しください。

dentousyokumaturichirashidai.jpg
画像をクリックすると鮮明画像で見られます。

posted by dentousyoku 2015/10/02 | 事務局から>行事のご案内

2015年09月21日

これからの行事

goannnai_1.jpg


●「お茶の文化に学ぶ」第8回 現地見学会
   「飯田辰彦さんの案内で
        近江茶の歴史に触れる旅」
   

 
 ・日時   2015年11月7日(土)〜9日(月) 2泊3日
 ・訪問地  滋賀県湖東方面のお茶農家など
        (大津市、甲賀市、日野町、東近江市)
 ・講師   飯田辰彦氏
     (ノンフィクション作家・日本茶シリーズの5作目出版予定)
 ・定員   15名
  ※宿泊予約関係上、お早めに申し込み下さい。
   詳細は申し込みの方にお送りします。

 昨秋の「大和高原茶」産地訪問に続いての見学会、この10月に「日本茶の『発生』」〜最澄ゆかりの近江茶の一流〜と題して、日本茶シリーズ5作目が出版されます。今回は、新著に記された茶園を近江の歴史に触れながら訪問します。在来種を無施肥、無農薬で生産されている農家との交流、そして色付く頃の湖東三山を愛でながら、秋深まる近江路をお茶の香りとともに味わう小さな旅です。


●「すい都大阪伝統食まつり」

 ・日時  2015年12月6日(日)午前11時〜午後4時
 ・場所  大阪天満宮境内

 詳細は近々掲載します。
 お楽しみに!

参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2015/09/21 | 事務局から>行事のご案内

2015年07月15日

これからの行事

goannnai_1.jpg


戦後70年を迎えての平和学習会
☆ 日時 8月29日(土)午後1時半〜4時
☆ 場所 大阪駅前第2ビル5階 
      「大阪市立生涯学習センター 第8研修室」
        電話 06-6345-5000
☆ 講師 齋藤 勝 さん
      (対馬丸語り部、演出家、映画監督など)
☆ 参加費 1000円

 1959年6月30日アメリカ占領下の沖縄で、アメリカ空軍のノースアメリカンF100Dジェット戦闘機が操縦不能となりパイロットは空中で脱出、戦闘機はうるま市の宮森小学校や民家を直撃しました。死者17人(小学生11人、一般住民6人)重軽症者210人の大惨事が起こりました。
 私たちは10月23日(金)〜25日(日)「伝統食列車第24号」で沖縄を訪問します。この事件の真相に迫るDVD鑑賞とお話を聞くことで、今の沖縄の闘いにつながる原点の一つとして学び、沖縄への列車をより実りあるものにしたいと思います。

第6回 「片桐新之介さんに習う魚料理講習会」
☆ 日時 9月5日(土)午後1時半〜4時半
    (開始5分前にご着席下さい)
☆ 場所 クレオ大阪西 調理室 
       電話 06-6460-7800
     (JR環状線・阪神なんば線 「西九条」駅下車 徒歩3分)
☆ 講師 片桐新之介さん
       (NPO法人おもしろ農業理事長、
          農家のこせがれネットワーク関西幹事長)
☆ 参加費 3000円(会員)、3100円(読者)、3200円(一般)
☆ 持ち物 エプロン、三角巾、布巾、出刃庖丁、新聞紙、骨抜き
        持ち帰り用タッパー、保冷剤、
        あれば簡易まな板持参下さい。 
☆ 定員 24名
☆ 申し込み締め切り 8月31日(月)
☆ 保育室有 一人300円(事前に申し込んでください)

 家庭でお馴染の鯵のさばき方と鯵料理四品を教えて頂きます。お一人平鯵1尾、丸アジ2尾で、平鯵のお刺身・なめろう、丸鯵の竜田揚げ・生姜煮を作り、ご飯と味噌汁、漬け物で試食します。

「伝統食列車第24号」は
      10月23日(金)〜25日(日)
沖 縄 を 訪 問

 機関紙に大まかな日程を掲載しましたが、詳細は9月上旬にお送りしたいと思っております。資料をご希望の方は、下記アドレスまでメールにてご連絡下さい。

沖縄の映画上映案内
 24号列車で沖縄を訪問の際、辺野古・大浦湾にも行きます。
 辺野古で何が起こっているのか、先ずこの映画を見て考え現地に行きましょう。
「戦場(いくさば)ぬ止(とぅどぅ)み」 
 辺野古の米軍新基地反対運動のドキュメンタリー映画で、「標的の村」に続く三上智恵監督の二作目です。
◎第七藝術劇場 17日までは先行上映で15:40〜1回だけの上映
(7月18日〜24日 )     (7月25日〜31日)
※12:10〜           13:15〜 
※14:45〜           15:50〜 
  17:20〜           18:25〜 
7月19日の※印の上映時に三上智恵監督の舞台挨拶があります。
◎神戸アートビレッジセンター
    (神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号)
(7月25日〜31日)火曜日休み    (8月1日〜7日)火曜日休み
  13:55〜                  14:25〜
 8月1日に三上智恵監督の舞台挨拶があります。
◎京都シネマ
(8月15日〜 )上映時間不明

参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2015/07/15 | 事務局から>行事のご案内

2015年05月17日

これからの行事

goannnai_1.jpg


●「おの文化に学ぶ」第7回
「大和の味と風土を楽しむ
    〜奈良・竹西農園「遊庵」を訪ねて〜」


・日時  2015年7月18日(土)午前10時〜午後3時頃
・訪問地 竹西農園「遊庵」(奈良市中之庄町458)
             TEL 0742−81−0383
・お話  竹西多香子さん
・参加費 3800円
     (遊庵でのランチ代含む・現地の交通費は含まず)
※詳細は申し込みの方に後日お送りします。

 奈良市内からひと山越えた山里で無農薬・有機栽培のおづくりと取り組む竹西夫妻。昨年11月お茶の文化シリーズ第5回「飯田辰彦さんと訪ねる大和高原産地」ツアーでもお会いしましたが、今回あらためて訪問します。大和高原の若き生産者たちと「やまと有機の会」をつくるなどよいおづくりめざしたネットワークの実践、また「遊庵」では自家製のおとともに旬の手作り料理も提供しながら「この地の風土や文化とふれてほしい」と語る竹西多香子さん。地域づくりと女性の役割などについてもお話いただきます。

予     告
 8月に予定していた「片桐新之介さんに習う魚料理講習会」第6回は、会場が取れず9月に延期します。

参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

≪当会加盟団体の行事≫

<TPPとくらしを考えるシンポジウム>
   過去からよみとく未来予想図
      ~外国貿易障壁報告書などを受けて


・日時  5月24日(日) 13:30~16:00(開場13:00~)
・参加費 500円
・会場  国労会館3F大会議室(JR天満駅徒歩3分、地下鉄扇町駅徒歩4分)
報告@ 「食料輸入と食の安全をめぐって」
    飯田秀男さん(全大阪消費者団体連絡会事務局長)
報告A 「医療制度、医薬品をめぐって」
    安田雅章さん(大阪保険医協会 保険医協会副理事長)

・主催「ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク」

posted by dentousyoku 2015/05/17 | 事務局から>行事のご案内

2015年03月17日

これからの行事

goannnai_1.jpg


●現地で習う、滋賀県水口町「宇川ずし」講習会

・日時  3月24日(火)11時〜13時30分
・集合場所  貴生川駅改札口 10時20分
・会場  滋賀県甲賀市水口町宇川 宇川会議所       
・講師  甲賀市シルバー人材センター宇川地区の皆さん  
・参加費  会員3000円 読者3100円 一般3200円   
・定員  20名 
・申し込み締め切り 3月19日(木)
・持ち物  三角巾、エプロン、布巾
※集合場所までの交通手段は、申し込みの方にFAXでお知らせします。

 干ぴょうの発祥地といわれる甲賀市水口町は干ぴょの作り手が少なくなり、シルバー人材センターで復活させました。土壌を改良し、無漂白・天日干しの干ぴょうを作っています。教えて頂く祭礼のおもてなし料理「宇川ずし」には、干ぴょうがふんだんに使われています。


●「片桐新之介さんに習う魚料理講習会」第5回

・日時  4月18日(土)午後1時半から4時半
           (開始5分前にご着席下さい)
・場所  クレオ大阪西 調理室
・講師  片桐新之介さん
      (NPO法人おもしろ農業理事長、
        農家のこせがれネットワーク関西幹事長)
・参加費  3000円(会員)・3100円(読者)・3200円(一般)
・持ち物  エプロン、三角巾、布巾(2枚)、出刃包丁、骨抜き、
      あれば簡易まな板、持ち帰り用タッパー(保冷材)、
      古新聞
・定員 24人
・申し込み締め切り 4月15日(水) 
       材料準備の都合上、必ずお申し込み下さい。
・保育室あり お一人300円(事前に申し込み下さい)

 旬の「イサキ」と「スルメイカ」を捌いて、「イサキ」は塩焼きに「スルメイカ」は塩辛にして持ち帰っていただきます。魚介類や野菜に和えると美味しい万能調味料「梅味噌」の作り方をお教えします。調理終了後、ご飯(岩手のお米)と味噌汁、昨年6月に作って寝かせた「梅味噌」の試食をしていただきます。


● 現地交流会(有)人と農・自然をつなぐ会主催
    「第39回お茶摘み交流会」に参加


・日時  4月25(土)13:00〜26日(日)昼食まで
・場所  やまびこスペース 静岡県藤枝市滝沢1417-2
     《連絡先》TEL 054-639-0033 杵柄敏明さん
・現地交流会参加費(食費3食、宿泊込み…雑魚寝)
        懇親会のお酒・飲み物・新茶のお土産込み
     7000円(子ども5000円)
 4/25・・・お茶揉み体験・竹の器作り・鶏絞め・山菜料理作り・
     乗馬など。
     特別講演会の講師交渉中、懇親会
 4/26・・・餅つき、お茶摘み、茶畑でお弁当

 今年も新茶の季節がやってきます。39回を迎える藤枝のお茶摘み交流会に参加し、大自然の中で心身を癒し、山の幸・里の幸をたっぷり味わいながら国内外の参加者と交流しましょう。
 
 ★ 街歩き
「“天下の台所”をたどる天満蔵めぐり」
 
     (主催・「すい都大阪伝統食まつり」実行委員会)

・日時  2015年4月15日(水)午後1時〜3時頃
・場所  天神橋筋商店街〜菅原町近辺
・案内  天神橋一丁目商店街振興組合理事長・八十島義郎さん
・参加費 500円(昼食代・お茶代は含まず)
※申し込みの方に後日詳細お送りします。

 今年12月開催予定(大阪天満宮)の「すい都大阪伝統食まつり」にむけてのイベント第一弾。まずは「天下の台所」の本拠地・天満青物市場―青物、乾物、酒造業などーのかつての賑わいのあと、とくに今でも乾物問屋の蔵が残る菅原町を歩きます。
春本番!ゆっくりと大阪・天満の街を再発見しましょう。 

参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2015/03/17 | 事務局から>行事のご案内

2015年02月25日

春の京都で味わう
 伝統の美味、本物のおいしさ



     「良い食品を作る会」  と
     「日本の伝統食を考える会」
              がコラボレーション

sakura.jpg


・日時  2015年3月20日(金)12時〜16時 
・場所  京の食文化ミュージアム 食あじわい館
        (TEL 075-321-8680)
       〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町130 
              京都青果センター3F
       JR山陰線丹波口駅より徒歩3分、
       京都リサーチパーク前バス停より徒歩2分
・定員60名  
・参加費 3000円
・申し込み先 当ブログメールアドレスへ                 

 「安全で安心して食べられること」、「原料の厳選」など、4条件・4原則の理念を変えることなく精進してきた「良い食品を作る会」と、「日本の伝統食の継承・発展と新しい食文化の創造」を目指して活動してきた「日本の伝統食を考える会」が、春の京都で伝統の美味・本物のおいしさをご参加の皆様に味わっていただくため、コラボレーションを計画しました。

 「良い食品を作る会」会員の食材・調味料を使った各社自慢の料理や、京都・大阪の旬の郷土料理をはじめ本物の味を思う存分楽しんで頂けるよう準備を進めておりますので、是非お越しください。
 

「良い食品を作る会」のメニュー(自社製品使用)
 ≪ 岩手阿部製粉(株)≫ 
    @みたらし団子(会員間素材を用いたコラボ)
 ≪(名)大木代吉本店≫ 
    @イカ人参 A酒粕クラッカー
 ≪ 角谷文治郎商店 ≫ 
    @にんじんご飯 A味噌田楽
 ≪ 増田徳兵衛商店 ≫ 
    @粕汁(会員間素材を用いたコラボ)
 ≪ 堀河屋野村
    @豚肉とキャベツの醤油麹炒め 
 ≪(株)椿き家 ≫ 
    @おからサラダ 
 ≪ 賀茂泉酒造(株)
    @美酒鍋
 ≪(株)廣久葛本舗 ≫ 
    @ごまどうふ
 ≪(株)天盃≫ 
    @卵焼酎 A豚バラ白菜・焼酎蒸し
 ≪(株)若菜 ≫ 
 ≪(株)ヤマヒサ

 「日本の伝統食を考える会」のメニュー
   (「良い食品を作る会」製品使用)
    ・ごより豆(大阪泉州の郷土食 当会看板メニュー)
    ・若ごぼうの料理
    ・いかなご(春を告げる魚)のくぎ煮
    ・鯖ずし(京都の会員)
    ・サワラのこうこずし(岡山の会員)
    ・田辺大根の切り干しを使った料理   
    ・大根の焼酎漬け  
   
    協力≪京都・すぐき田鶴≫   
  


共  催
「良い食品を作る会」  
  「日本の伝統食を考える会」
 

sakura.jpg


参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2015/02/25 | 事務局から>行事のご案内

2015年01月15日

これからの行事

 新年おめでとうございます

 本年も当会をよろしくお願いします


goannnai_1.jpg


 「熊川葛」晒し体験と「生水の郷(しょうずのさと)」を訪ねて
・日時  2015年1月31日(土)〜2月1日(日)1泊2日
・集合  JR湖西線近江今津駅・JRバス乗り場
     (午後12時半集合 12時45分発のバスに乗ります)      
・訪問地と内容 
 (1/31)熊川地区特産品加工センター(熊川陣屋跡:若狭鯖街道
      熊川宿資料館『宿場館』裏側)
        …「熊川葛」の晒し体験と葛造りのお話
 (2/1)くつき本陣「日曜朝市」と新旭の「生水の郷」見学
・宿泊 旧逸見勘兵衛家(TEEL 0770-62-0800)
・参加費 17000円(会員)・17100円(読者)・17200円(一般)
     (交通費と2月1日の昼食は含みません)
・晒し体験時の服装  汚れても良いもの・防寒着・ゴム手袋・長靴
・その他  参加者には葛粉が仕上がり次第発送されます。
 ※詳細は申し込みの方に後日お知らせします。
  部分参加も可能です。
 今年最初の行事は、第21号伝統食列車(2012年)で訪問した熊川・朽木を訪ねます。かつて「日本三大葛」に数えられた「若狭・熊川葛」。一旦製造が途絶えてしまいましたが、熊川葛振興会(4名)の皆さんが原始的な葛造りを復活させて5年目になります。『宿場館』裏側に移転した工場で、「熊川葛」晒し体験と藤本正夫さんに葛造りのお話をお聞きします。
 2日目はくつき本陣「日曜朝市」で地元の特産物の買い物を楽しみ、新旭に向かいます。冬の針江地区・生水の郷(しょうずのさと)の里山や水辺をボランティアガイドさんの案内で回ります。

  岩手・一関市大東「てご舎」の伊東庚子さん、菊池公代さんに習う料理講習会
・日時  2月10日(火)午前11時から午後4時
・場所  クレオ大阪西 調理室(地図参照)
・講師  「てご舎」代表・伊東庚子さんと菊池公代さん
・献立  生節と山菜の炒め物 おから煮 野菜味噌 
     ご飯 汁もの 油焼き
・定員  30名
・参加費 3500円(会員)・3600円(読者)・3700円(一般)
 23号伝統食列車の郷土食交流会でいただいた「てご舎」の料理講習会です。
 「油焼きを上手に焼きたい」「野菜味噌の作り方を是非習いたい」という声が高まり、このたび関西に来られるお二人に講習をお願いすることになりました。地あぶら工房で搾った、なたね油の良さが発揮される料理も教えていただきます。

  「ママカレ冬プログラム 手前味噌作り講習会」
             のお手伝いのお願い

・日程  2月15日(日)、16日(月)
      両日とも時間は10:30から14:30(昼食含む)
・連絡先 TEL・FAX 072-998-5722 大坊孝子
 昨年に続き、京都・伏見青少年活動センターと当会が協力して、手前味噌作り講習会を行います。家族、お母さんあるいはお父さんと子どもたちが一緒に味噌作りをします。講師は当会の宮崎鈴恵さんです。昼食におにぎり、みそ汁、漬物を出します。お手伝いいただける方はご連絡下さい。

  「お茶の文化を学ぶ」 第 6 回
  − 茶話会「このお茶にこの点心
          〜わたしが選ぶ絶妙の相性!」 
              そして「マイ器・マイ道具自慢会」−

・日時  2015年2月28日(土)午後1時30分〜4時
・場所  クレオ大阪西和室(地図参照)         
・参加費  1000円
 これまでこの「お茶シリーズ」で出会った、味わったお茶。それぞれ個性あふれるお茶のなかから数品のお茶とそれにあう点心(お茶請け)を味わいながら、お茶談義を楽しみましょう。初めての方も大歓迎です。また、大好きなマイ器や調理道具おもちの方はご持参ご披露ください。

  「良い食品を作る会」とのコラボレーション
  
「春の京都で味わう伝統の美味、本物のおいしさ」(仮称)
・日時  2015年3月20日(金)午後1時〜4時
・場所  京の食文化ミュージアム「あじわい館」
   (京都市下京区中堂寺南町130 京都青果センター3F 
   JR丹波口駅より3分、京都リサーチパーク前バス停より2分)
     TEL 075-321-8680
 ※要申し込み…現在内容・参加費等企画中のため、申し込みの方に後日詳細をご連します。
 「良い食品」の4原則・4条件に基づき原材料の厳選・伝統的製法により食品づくりを続けるメーカーの集まり「良い食品を作る会」の調味料や食材を使って春の旬の料理を味わい、本物の味を満喫。生産現場の伝統食品のお話も伺います。
  ※詳細は後日お知らせします。

  現地で習う、滋賀県・水口「宇川ずし」講習会
・日時  3月24日(火)
・場所  滋賀県甲賀市水口町
・講師  甲賀市シルバー人材センター宇川地区の皆さん
 ※詳細は193号でお知らせしますが、お急ぎの方は事務局までご連絡下さい。1月末にはお知らせできます。
 昨年7月に水口町宇川で、伝統ある無漂白・天日干しのかんぴょう作りを見学させていただきました。地元にある宇川天満宮の4月25日の祭礼のもてなし料理として古くからこの地区だけに作られてきたかんぴょうを敷きつめた押しずしです。この郷土料理の「宇川ずし」の講習を、甲賀市シルバー人材センター宇川班の皆さんに現地で講習していただきます。(188号1面参照)

  「片桐新之介さんに習う魚料理講習会」第5回
・日時  4月18日(土)午後1時半から4時半
・場所  クレオ大阪西 調理室
・講師  片桐新之介さん(NPO法人おもしろ農業理事長、
            農家のこせがれネットワーク関西幹事長)
・参加費  3000円(会員)・3100円(読者)・3200円(一般)
・持ち物  エプロン、三角巾、布巾(2枚)、出刃包丁、骨抜き、
     あれば簡易まな板、持ち帰り用タッパー(保冷材)、古新聞
・定員 24人
・保育室あり お一人300円(事前に申し込み下さい)
 今回は「イサキ」と「スルメイカ」の捌き方の講習です。献立は3月発送の“ごあんない”でお知らせします。

  「国産大豆で作る手前味噌講習会」(出前講習)
 今年も味噌作りの季節がやってきました。
味噌作りをご希望の方、回りでお仲間を集めて下さい。おなじみの当会味噌作り講師・宮崎鈴恵さんが出前講習に伺います。(2月中旬から3月中旬)

参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg

posted by dentousyoku 2015/01/15 | 事務局から>行事のご案内

2014年11月23日

これからの行事

goannnai_1.jpg


●「片桐新之介さんに習う魚料理講習会」 第4回
 真サバを丸ごと一匹捌き、しめサバとおろし煮を作ります

ダイヤ 日時 2014年11月30日 (日) 
      午後1時15分から4時30分
ダイヤ 場所 クレオ大阪中央 調理室 (TEL 06-6770-7200)
   (地下鉄谷町線「四天王寺夕陽ヶ丘」下車@番出口より3分)
ダイヤ 講師 片桐新之介さん
      (NPO法人おもしろ農業理事長、
               農家のこせがれネットワ−ク関西幹事長)
ダイヤ 参加費 2500円(会員)
        2600円(読者)
        2700円(一般)
ダイヤ 持ち物 
   エプロン、三角巾、布巾(2枚)、出刃包丁、
   タッパ−等の入れ物2個
    (しめサバとおろし煮持ち帰り用、
            念のため保冷剤も)
   骨抜き、簡易まな板(あれば持参)
ダイヤ 定員  24名
ダイヤ 申し込み締め切り  11月25日(火)
ダイヤ 保育室有 一人300円(事前に申し込んでください)

  今回は午後からの講習になりますので、昼食は済ませてご参加ください。
  料理したサバはお持ち帰りしていただきます。
  調理終了後、事前に用意したごはんと船場汁を食べながら質問等の時間とします。

●TPPとくらしを考えるシンポジウム
 「今の食、当たり前?〜こどもに残したい未来」

ダイヤ 日時 2014年 11月29日(土)午後1時30分〜4時
ダイヤ 場所 国労会館 3階大会議室
   (JR天満駅下車、北側線路沿いに京橋方向へ徒歩3分)
ダイヤ 講演 「これからどうなる?食と農
          ―安倍政権の戦略と『農業改革』」

   渡邉 信夫さん (元立命館大学講師)   
ダイヤ 現場からの報告
 @「がんばっています。大阪•都市農業」
     池嶋 明さん
  (JA大阪中央会食と農•環境対策部次長)
 A「食卓から考える、私たちの暮らし」
     浅岡 元子さん(日本の伝統食を考える会事務局長)
 
 出来るだけ事前参加申し込みをしてください。
 氏名記入の上 FAX 06-6941-5699 (大阪消団連)
 または 日本の伝統食を考える会のメールへ

 主催:ほんまにええの?TPP大阪ネットワ−ク(当会も参加)
tpptokurasiwokangaerusinpojiumu.jpg


●望年会に参加しませんか
    一品ずつの持ち寄りで、食べて、少し飲んで
    今年1年を振り返りましょう。

ダイヤ 日時 2014年12月20日(土) 午後1時〜午後4時
ダイヤ 場所 大阪農民会館
(JR環状線 大阪城公園駅 徒歩5分)
ダイヤ参加費 2500円
ダイヤ23号列車でいただいた美味しかった料理だけでなく、
日頃の自慢料理も歓迎です。もちろん食べるだけの方も大歓迎です。

参加ご希望の方は、メールにて
下記アドレスにお申し込みください。
logo4.jpg



posted by dentousyoku 2014/11/23 | 事務局から>行事のご案内